ヘッドライトリペアとは?

現在、クルマのヘッドライトはポリカーボネートと言われる樹脂製の素材が一般的です。このポリカーボネート自体は紫外線に弱いため、レンズ表面のハードコート層がポリカーボネートを保護しています。

しかし、経年劣化によりハードコート層も影響を受けヘッドライトが黄ばんできたり、ひび割れが生じたり、またポリカーボネートが直接露出してしまい、レンズ内部にヒビが入ってしまったりします。使用環境などによっても異なりますが、早いモノで新車から3年で黄変が始まったりする場合もあるといわれています。

ヘッドライトリペア

このように劣化し、黄ばんだり白くカサカサになってしまったヘッドライトでは、せっかくの愛車の印象も見劣りしてしまい何とかしたいという方も多いのではないでしょうか??
新品のヘッドライトへ交換しようとすると、部品代は高額で、外車になると数十万円するという事もあります。

当店では、ヘッドライトの劣化部分を除去し、再コーティングを行うヘッドライトリペアサービスも行っております。それにより元のようなクリア感のあるヘッドライトにリフレッシュすることが出来ます。

ヘッドライトリペア

ヘッドライトリペア後

 

ヘッドライトリペアの工程

1.下地処理(劣化部分の除去)
ヘッドライトの状態に合わせて劣化部分を除去します。軽いモノであればポリッシャーによる研磨、劣化が激しいものであればサンディング工程を複数回に別けて行いポリッシャーで磨き上げていきます。
※レンズ内部の汚れや傷へは対応しておりません。
※劣化の状態によっては、微細なクラックなど完全には除去できない場合がございます。
ヘッドライトリペア ヘッドライトリペア

2.コーティング
劣化部分を除去したヘッドライトはポリカーボネートが露出している状態の為、そのままの状態では紫外線をダイレクトに受けてしまい、すぐにまた劣化が進んでしまいます。その為、レンズを紫外線から守るためにレンズ表面をコーティングします。
ヘッドライトリペア

コーティング剤

当店では、ECHELONがヘッドライト専用に開発したコーティング剤を使用しております。同製品は、強力なシロキサン結合を持ったガラス被膜を採用しており、その被膜によって紫外線による影響を受けにくくするため、長期間ポリカーボネート表面を保護できます。

エシュロン ヘッドライト

施工費用

国産車
ヘッドライト左右 9000円~15000円位(税別)
4灯の場合 2000円追加

輸入車
ヘッドライト左右 11000円~17000円位(税別)
4灯の場合 2000円追加

※料金には、下地処理とコーティング施工が含まれております。
※レンズの状態や大きさにより価格が異なりますので、お見積りは実車を確認してからとなります。

ヘッドライトプロテクションフィルム

ヘッドライトの下地処理後、コーティングによるレンズ保護の他に、プロテクションフィルムによってレンズを保護する方法もございます。コーティングの場合よりも耐久年数も長く、まだ劣化が始まっていないレンズへ劣化予防の目的としてもご利用いただけます。

ヘッドライトプロテクションフィルム

当店では国産ブランドのUNIGLOBEフィルムのお取り扱いがございます。

施工費用
20000円~(税別)
※状態によって別途下地処理費用が発生します。

お気軽にお問い合わせください。080-9299-7039営業時間 9:00-19:00 [ 不定休]

お問い合わせはこちら